とっときのとっかえっこ―絵本でじわっと感動

先日、「とっときのとっかえっこ」という絵本を娘に読みました。
いつも一緒で仲良しな女の子と隣に住むおじいさんのお話です。
何気なく手に取って読んだのですが、私が感動してしまいました。

 

とっときのとっかえっこ

 

女の子が赤ちゃんの頃はおじいさんが女の子を乗せたカートを
おじいさんが毎日押して出かけ、歩き始めた女の子におじいさんは
必要なときだけ手を貸してくれました。

女の子が大きくなっておじいさんは年を取り、けがをして車いすに。
今度はおじいさんの車いすを女の子が押してあげ、必要なときだけ
手を貸して、「とっかえっこのようなものね」と言うのです。

これが、「とっときのとっかえっこ」というわけです。

 

淡々とした語り口調ですが、お互いに尊重し合いながら相手を
大切にする2人に胸打たれます。

 

ちょうど、私自身が両親が年を取ったなぁと感じるように
なってきたせいもあるのだと思います。

父が体調を崩し、通院に私の付き添いが必要だったり、
忙しい母に私がご飯を作ってあげる日があったり、
「私がしてあげる番」という場面が増えてきました。

「とっときのとっかえっこ」の女の子のように、さらっと
「とっかえっこのようなものね」と言えるって実はすごい
ことじゃないかな、と思うのです。

 

最初は娘に読んでやったのですが、息子にも聞かせたくて
息子のクラスで読み聞かせをする日に、この本を選びました。
子供たちが自然に「じいじ・ばあば」に手を貸せるように
なってくれたらいいなと願いつつ・・・

まずは私が、両親の手助けを当然のことという風にさらっと
して、お手本を見せなきゃです。

 

「とっときのとっかえっこ」は、これからも繰り返し
子供たちに読み聞かせたいし、私自身も読みたい絵本です。

 

在宅権利収入

サブコンテンツ

このページの先頭へ