火災保険、10年超の長期契約廃止にどうしたらいい?

これからかかるお金に不安いっぱいの貴女へ

間もなく築5年を迎える我が家は、地震保険が5年の
更新時期を迎えました。火災保険とセットで契約する
地震保険は、最長5年が契約期間です。

一戸建てやマンション購入時の火災保険は、これまで
最長36年間の長期契約ができましたが、2015年10月から
10年超の長期契約が廃止され、最長10年の契約となります。

 

火災保険10年長期

 

我が家を建てた住宅会社が、火災保険・地震保険の代理店も
しており、担当者の方から地震保険更新の連絡をもらいました。
新築時の記憶があまりないのですが(^_^;)当時地震保険料を
口座振替にしなかったようで、今回口座振替手続きをしました。

 

そのときに、火災保険の10年超の長期契約が廃止される話を
聞いたのです。
我が家は火災保険は35年で契約していますが、2015年10月からは
そんな長期契約はできなくなるとのことでした。

 

保険料は、1年毎払うより長期契約の方が割安ですし、
火災保険料は年々上がっており、今後も上がる見通しなので
支払う保険料額は長期契約の方が安く済むんですよね。

 

火災保険の係数

火災保険10年長期

例えば、2年分をまとめて払う場合1.85年分の保険料で
済むという意味です。
1年分ずつ払うより、少しお得になります。

36年の長期契約となると、24.8年分の保険料で36年間
保障されるのですから、長期になるほど支払う保険料が
安く済むのがよく分かりますね。

 

野菜でも服でも、まとめ買いだと1つ当たりの価格が
安くなるのと理屈は同じです。

 

10年超の長期契約廃止と言っても・・・

確かに長期契約の方が保険料は安く済みますし、
保険料が年々値上がりしている傾向にありますので
火災保険は最初に長期契約して保険料をまとめて
支払っておくのがお得ではあるでしょう。

 

でも、10年超の長期契約が廃止になるからと言って
慌てて火災保険に加入したり、短期から長期に切り替えたり
することもないと思います。

 

保険というのは、補償内容が改善された新商品が
次々出てくるものです。
今後もっといい保障の火災保険が登場するかも
しれません。

また、トータルで支払う保険料は割高になっても
短期間契約の方が一時的な出費は少ないので家計への
負担としては楽です。

 

火災保険は、保険料、補償内容、家計への負担、
それぞれを加味して決めるのがいいのではないかと思います。

 

そうそう、我が家の地震保険の保険料は最初の5年分より
今回の5年分の方が数千円高くなりました(;_;)
東日本大震災の影響もあり、保険料が高く改定されたからです。

担当のかたによると、今後もたぶん少しずつ上がると
予想されるのだそうです。

 

中には、5年分はきついから1年分に切り替えるとか
地震保険はやめてしまうとかいう方もいるとのことです。

静岡県は東南海沖地震の被災予定地であることから
他県より保険料が高いのもあり、けっこうな出費になるので
それも分かるなぁと思いました。

でも、備えあれば憂いなしということで更新しておきました。

 

ここからまた5年後、、、息子中2、娘小4になっていて
今より何かとお金もかかるであろう時期に地震保険の
更新になります。

そんなときにも、在宅ネットワークビジネスの権利収入は
きっと役立つなぁと思っています。

 

クリック↓↓↓
複数の収入源が必要な時代!在宅でコツコツできるMLMの道

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ