子ども版NISA(ジュニアNISA)と学資保険、比較検討の価値あり

将来子どもにかかるお金、どうしよう?と不安な貴女へ

2014年から始まったNISA(少額投資非課税制度)を
横から眺めるだけで過ごしていましたが、2016年度からは
子どもNISA(ジュニアNISA)も登場するとのことです。

NISAのスタートから間もない中、早くも新しいものが
登場するのですね。
政府も次々経済政策を打ち出して、必死なのでしょうか。

 

子どもNISA

 

子ども版NISA(ジュニアNISA)の特徴5つ

icon_star01_0003 口座開設できる対象年齢が0歳 ~ 19歳まで
(NISAは20歳以上)


icon_star01_0003 上場株式等が投資対象の株式投資信託(NISAと同じ)
(配当金・分配金・譲渡益が非課税)

icon_star01_0003 新規買付は毎年80万円可能
(NISAは毎年120万円(2015年度までは100万円で2016年度から120万円
合わせて200万円の投資が非課税)

icon_star01_0003 最長5年間が非課税運用期間
(売却による利益確定はいつでも可能)

icon_star01_0003 18歳まで原則払い出しできない
(途中払い出しの場合、過去の利益に課税される)

 

そして、子ども名義で口座開設し、親や祖父母などの
親権者が代理運用します。
20歳まで払い出しせずに置いておくと、自動的に
成人用のNISAに引き継がれます。

 

 

子ども版NISA(ジュニアNISA)と学資保険の共通点と違い


子どもの将来の備えとして、子ども版NISA(ジュニアNISA)は、
学資保険と似ているなぁと思うのです。

学資保険は返戻率が高いか低いかが最初の選択で決まりますが、
大きく利益が出ることも、大きく損をすることもありません。
また、契約期間中に、契約者が死亡したり高度障害をおったり
した場合、以後の保険料の払い込みが免除になります。
かつ、満期保険金は満額受け取る事ができます。

 

株式投資信託である子ども版NISA(ジュニアNISA)は、
大きな利益と損失、両方の可能性を持ち、保険機能は
ありません。
学資保険と比べてハイリスクハイリターンと言えるでしょう。

 

学資保険で備えつつ、子ども版NISA(ジュニアNISA)にも
チャレンジしてみるというのが理想的かもしれません。

 

子どもNISA

 

我が家は子供たち2人とも学資保険に加入済みで、
このまま学資保険で行くつもりです。

株式投資についてはノータッチで生きてきて、これから
勉強して子ども版NISA(ジュニアNISA)に挑戦する気には
ちょっとならなくて(^_^;)

 

もうすぐ第一子出産予定の妹夫婦は、旦那さんが興味を
もちそうなので、姉としてちょっと聞いてみようかなぁと
気になっています。

 

とにかく、将来的に大きな金額が必要となる教育費。
どんな方法を選ぶかは人それぞれかもしれませんが、
親としては、子どものためにきちんと用意してやりたい
ものです。

 

クリック↓↓↓
教育資金を堅実に!働くママにとっておきの在宅ワーク決定版

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ