固定資産税に間違い!?課税ミスと4年目の倍増劇

家にいる時間が少なすぎて辛くありませんか?

一戸建てでもマンションでも、マイホームを購入したら
必ず固定資産税を払わなくてはいけません。
毎年4月にその年度の固定資産税額通知が送られてきますが
金額に間違いがないか、確認していますか?

 

実は私、「固定資産税間違ってない??」と
目を疑ったことがあります。

固定資産税間違い

 

最近全国各地で固定資産税間違いが判明。
課税ミスで多く徴収し過ぎていた事例がたくさんあるのです。

長年間違いに気付かず、払い過ぎた額が数百万でも
全額は返してもらえないケースも出ています。

 

固定資産税の納税通知書を見るとアレコレ数字が書いて
ありますが、素人が一見して間違いを見つけられるかと
いうと、、、私は難しいと思います。

でも、最低限次のことをチェックできたら間違いに
気付くことができるのではないかと考えています。

 

icon_pushpin01_44 土地の面積・家屋の床面積

固定資産税の課税ミスでよくあるのが、課税対象ではない
部分まで間違って課税対象に含めてしまったというもの。
手元にある書類と納税通知書を比べて面積に間違いがないか
確認しましょう。

 

icon_pushpin01_44 計算シミュレーション

納税通知書の裏面には、固定資産税の算出方法が
詳しく書かれています。
数字を当てはめて計算シミュレーションしてみて、
通知書と金額が合っていたら安心です。

 

もし間違いではないかと感じたら、すぐに役所に
問い合わせてみた方がいいでしょう。

 

固定資産税間違い

 

我が家は正しく課税されているようですが、
私が間違っているかもと思ったのは、昨年、
4年目の納税通知書が続いたときです。

固定資産税が前年からほぼ倍増していて、
「こんなに高かったっけ(°д°)??」と驚き、
ネットでいろいろ調べたのをよく覚えています。

 

新築住宅に対しては、固定資産税の減額制度が
設けられています。
新築された住宅が一定の要件にあたるときは、
新築後3年間(3階建以上の中高層耐火住宅に
ついては5年間)に限り一部(居住部分の床面積が
120㎡まで)固定資産税が1/2に減額されます。

だから、4年目からほぼ倍増するのです。

 

家を建てたときに、そんな説明を聞いたような気も
しないでもないのに、すっかり忘れていました。

しかも、会社員のままだったら、もしかして増額された
ことに気付きさえしなかったかもしれません。
実は、会社員時代の私は、忙しさにかまけて郵便物を
じっくり見ないことが多かったので(^_^;)

自動的に口座から引き落とされるだけで過ぎて行った
可能性は大です。

そんな状態だったら、たとえ間違いがあっても
気づけませんね(>_<)

 

納税の義務はありますが、余分に払う必要はありません。
ただでさえ所得は増えなにのに増税ばかりのこのご時世、
固定資産税に間違いがないか、チェックしてみるのは
大事だと思います。

 

クリック↓↓↓
働くママが会社勤めの超多忙生活を抜け出す在宅ワークの道

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ