ネットワークビジネス、早い者勝ちと言われたらご注意を

もうげんなり!ビジネスが苦痛になってしまった貴女へのヒント

早い者勝ち!」「今がチャンス!」
ネットワークビジネスの勧誘文句でよく見かけます。
あなたも目にしたこと、聞いたことがあるかもしれません。

早い者勝ちだから今のうちに参加しよう!とか
早く参加した方がいい、とか思いますか?

 

ネットワークビジネス早い者勝ち

 

私は「いやいや、ちょっと待って」と思います。
ネットワークビジネスの仕組み・特徴を踏まえると
早い者勝ち」はまずいのです。

 

ネットワークビジネスは、自分の元に参加する人を増やし、
組織を大きくすることで報酬が増えます。
単に自分が紹介者を出すだけでなく、自分が紹介した人も
同じように紹介者を出すようになることで、組織は大きく
なっていくものです。

 

「早い者勝ち」だったら、あなたの後から参加する人は
一体どうなってしまうのでしょう?
希望を持ってネットワークビジネスに参加しても、
嫌気がさして辞めてしまうのではないでしょうか?

 

ネットワークビジネスでは、自分の利益だけを考えるのではなく、
自分のもとに参加してくれたダウンの利益も考えることが必要です。
早い者勝ちでは、それは成り立ちません。

 

そして、どんなビジネスにも言えることですが
人を大事にすることは何より重要だと思います。
お金だけ稼げても、人間関係がボロボロだったら
空しいものです。

真の成功者とは言えないでしょう。

 

もし「早い者勝ち」とネットワークビジネス勧誘を受けたら
ちょっと立ち止まって考えてみてください。

 

ねずみ講と混同されたり、詐欺と間違われたり、世間での評判が
いまいちのネットワークビジネスですが、法律とモラルを守り
相手の気持ちを考えながら取り組めば素晴らしいビジネスです。

 

私はそんなネットワークビジネスを完全在宅でできる方法に
出会い、会社員時代にのどから手が出るほど欲しかった
子供たちとの時間を確保しながら自由な時間に活動しています。

 

そして、自分の人脈を使うことなく、ネットワークビジネスを通して
新たに人脈ができていき、このビジネスに参加しなかったら
出会えなかったであろう全国各地・海外の志を同じくするメンバーと
温かい交流ができています。
おかげで、在宅ビジネスにありがちな孤独感もありません♪

 

「早い者勝ち」のネットワークビジネスでは、今の充実感は
決してないはずだと確信しています(`・ω・´)ゞ

 

普通の子育て主婦が堅実に組織を作るネットワークビジネス成功法

サブコンテンツ

このページの先頭へ