五月病対策、子供だけじゃなく母親にも実は必要

忙しすぎて子どもとの時間が足りないと思っていませんか?

4月から新生活がスタート、そしてやっと少し落ち着いた
5月~6月に症状が出てくるのが五月病です。
特に環境の変化があった人が陥りやすいと言われます。
五月病対策をしておけば、深刻な状態になりにくいでしょう。

 

五月病対策子供母親

 

子供たちがゴールデンウィーク明けに学校や幼稚園に
行きたくないと言い出すのは、五月病の分かりやすい
現れ方ではないでしょうか。

母親としては子供五月病対策をして乗り切りたいものです。

 

五月病対策は、大きく分けて2つ挙げられます。

ストレスを溜めないこと
maru05 完璧を求めすぎない
maru05 リラックスできることをする
maru05 悩みを独りで抱えず相談する

しっかり体を休めること
maru05 栄養バランスの良い食事を摂る
maru05 十分な睡眠を取る

子供の場合はやはり母親が対応してやらなくてはですね。

 

私も母親として、娘が入園した昨年は五月病を心配しました。
4月の終わりごろ、ママ友たちと「とりあえず慣れてきたけど
ゴールデンウィーク明けがどうなるかだねぇ」と話したものです。

五月病対策というより覚悟をしたのですが、娘は意外と
大丈夫だったのでほっとしたのを思い出します(*´ー`)

 

五月病対策子供母親

 

子供や新社会人がなるものというイメージの五月病。
実は子育て中の母親が五月病になるケースも多いそうです。
子供の入園・入学などの新生活に合わせて準備や
新しいママ友との人間関係、PTA役員決めなど、
母親にも忙しさとストレスが大きくのしかかります。

 

多忙な日々を乗り切ってゴールデンウィーク明けに子供が
元気なことにホッと一息つくころ、どっと疲れが出てしまい
無気力になったり涙が出てきたり、、、というのが母親の五月病です。

 

新生活スタートで子供のためにとがんばることも必要ですが、
自分に厳しくしすぎて自分で自分を追い詰めないでください。
辛いことや弱音を誰かに聞いてもらうだけでも楽になるし、
自分でおかしいなぁと感じたら、無理をしないで休んでいいと
思います。

子供だけでなく、母親も五月病対策です。

 

私は「まぁいいか」と抜くところは抜くタチですし、
調子が悪くなるほど追い込まれる前に愚痴や弱音を
聞いてもらったり、SOSを出して助けてもらったりするので
母親の五月病の話を出しても「あんたは大丈夫だね」と
母に言われてしまいましたが(^_^;)

 

でも、そんな私が会社を辞めたいと悩んでいた頃は
職場の先輩や同期からも様子がおかしかったと言われますから
在宅ネットワークビジネスと出会い、会社を辞められたことは
本当にありがたいし良かったなぁと思います(*^ー^*)

 

 

五月病子供母親

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ