育休を男性も!課題が山積みな日本の現状

通勤しなくてよければいいのに、、と思っていませんか?

「イクメンは出世しない」なんて言葉も聞きますが、
今の日本では男性育休を取る人はごくわずかです。
海外では浸透しつつある男性の育休取得が日本でも
当たり前になるためには、多くの課題があります。

男性育休課題

 

男性育休取得、日本の課題
ber013

icon_arrow01_030302 職場の理解

制度としては取得可能でも、上司や同僚の理解や協力がないと
なかなか男性育休申請はできません。
未だに女性のも妊娠・出産で退職を余儀なくされるような
マタハラも存在する現状(これも課題)ですから、男性の育休を
受け入れる職場はまだまだ少ないのです。

出世に響く、休業前のポストには戻れないということが
女性以上に男性には抵抗が大きいと思います。

 

icon_arrow01_030302育児休業手当の支給率

育児休業中は、給与はなく、雇用保険から育児休業手当が
支給されます。支給率は、基本給の50%。
基本的に女性より収入が多い男性の収入半減を、痛手と
感じる人は多いでしょう。

男性の育休取得が浸透しているスウェーデンは80%、
ドイツは67%です。

 

icon_arrow01_030302男性が育児しにくい環境

子育て支援施設や公園などは、どうしても母親中心で
男性は少なく、入りづらい傾向にあります。
育休を取得しても、男性が育児しにくい環境と言えるでしょう。

育休中の男性が子連れで集うカフェがスウェーデンでは
国中に普及していて、ドイツでも増えつつあるそうです。
日本はまだこうした環境は少ないので、男性が育児で
孤立しやすいのです。

ber013

 

これらの課題が少しずつクリアされていけば、日本でも
男性の育休取得が広まっていき、出産の負担はほぼ女性にだけ
かかる現状は改善されるかもしれません。

 

女性が結婚や妊娠・出産したら退職するのが当然だった時代から
産休・育休を取得して仕事を続ける人が増えたのと同様に、
男性の育休取得が増えるのも可能だとは思います。

事実、最近では平日のショッピングモールでパパと子どもの
組み合わせを見かけることもよくあるんです。

 

ただし、課題のクリアにはやっぱり時間はかかるでしょう。

日本政府が出した「少子化社会対策大綱」の原案に、
配偶者が出産した直後の男性の休暇取得率を20年までに
80%とする目標を新設されていますが、いまいちですし。

「配偶者の出産後2カ月以内に半日から1日以上、有給休暇や
特別休暇、育児休業などを8割の男性が取得する目標を設定」
とのことですが、「半日から1日以上」って少なすぎませんかね(^_^;)

 

子育て世帯が安心してゆったり子育てするために、
国の対応を待っているだけではなく自分たちでできる対応として
在宅で収入が得られるようにするのも一つだと思います。

その収入が権利収入だったらなお良いのではないでしょうか^^

 

ゆったり子育てしたい!悩めるママが職場を自宅に変えた在宅MLM成功法

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ