息子の二年生最後の授業参観でクラスメイトに感動

学校行事で仕事を休むのに一苦労、辛くないですか?

息子の二年生最後の授業参観に行ってきました。
今回はいつもの授業参観と違って発表会形式でした。
二年生でできるようになったこと」を披露。
息子もはりきっていたようで、朝家を出るとき「じゃあ今日来てね♪」と
言っていたくらいです。

 

二年生授業参観

 

二年生でできるようになった楽器演奏とか九九とか漢字とか、
それぞれが好きなものを選んでいて、息子は縄跳びでした。
教室での授業参観で縄跳びを見るとは思いませんでしたが(^_^;)
選んでいる子が多かったです。

 

その中でもいろんな跳び方をそれぞれ選んでいて、
息子ともう一人の子が披露したのは「交差二十跳び」。
もう一人の子はすごく上手で引っかからず何度も上手に
跳ぶ中、息子はどうにか2、3回連続で跳べました。

 

ところが、息子が跳べたらクラスメイト達が「おおー!!」と
歓声をあげたんですよね。ちょっとビックリ☆
「○○くん、跳べたじゃん!!」と言ってくれてる子もいました。

終了後に先生が説明してくれたのですが、午前中のリハーサルで
なんと1回も跳べなかったんだそうです。
それが本番では跳べたので、湧いてくれたんですね。

 

息子がクラスメイトにちゃんと受け入れてもらえている感じが
母としてはメチャメチャうれしかったです。
二年生のクラス、いいクラスだったんだなぁと最後の授業参観で
しみじみ感じることができました。

同時に、「もうちょっと頑張れ」と思ってしまった自分に反省です。
つい「もっとできるんじゃないの?」という見方をしてしまうけど
できるようになったことをもっと評価してやらないといけないなぁと
思ったんですよね。

先生やクラスメイト達のおかげで気付くことができました(*´ー`)
(そう言えば、自分はそんなの跳べないくせに、、、とも^^;)

 

 

最後の授業参観も済んで二年生も残りわずか。
あっという間の1年でした。
息子はこのまま休まなければ皆勤賞なので、なんとか
元気に終業式まで行きたいところです。

そして、三年生もクラスメイトに恵まれるといいなと
ひそかに願っています。

 

二年生授業参観

サブコンテンツ

このページの先頭へ