働くママが二人目のタイミングに悩むぶっちゃけ事情

子供を預けて会社に行く日々を卒業するための第一歩

働くママは、二人目タイミングに悩む人が多いようです。
かつての私も実はそうでした。
一人目を出産し、産休・育休を経た働くママというのは
アレコレ考えてしまうんですよね。

 

働くママ二人目タイミング

 

妊娠のタイミングなんて個人の自由と言えばそうなのですが、
一人目の産休・育休を取得後、復帰してからあまりにもすぐ
二人目を妊娠と言うのも気が引けるものです。

私が勤めていた会社では、育休中に二人目を妊娠して
結局退職してしまった人が過去にいたそうで、なんだか
伝説のようになっていました(´・ω・`; )

 

育休明けの働くママは、ただでさえ下記の点で上司や
同僚に対して負い目を感じます。

b107産休・育休の間、仕事をカバーしてもらったこと
b107時短勤務にした場合の勤務時間の短さ
b107子供の体調不良による休暇・遅刻・早退

 

ここに、すぐにまた二人目を妊娠して産休・育休というのは
なかなかできない人が多いのではないでしょうか。

さらに、プロジェクトなどの大きな仕事を任されていると
完了までは二人目は考えられないという場合もありますね。

 

私の場合、これらに加えて、「昇格」がありました。
もう少しで昇格というところでしたが、時短勤務中は昇格対象外。
息子が1歳で復帰し、時短勤務をやめてプロジェクトを完遂し
昇格してから二人目、、、とタイミングを考えたんです。

 

でも、二人目のタイミングが早くなるのも気が引けるけど、
年数が空いても周りから「まだ?」と言われるんですよね(^_^;)
働くママとしてがんばっているとある程度メンタルも強く
なってくるので、周囲の声にそこまで振り回されませんが、
ちょっとはストレスでした(*_*)

 

働くママそれぞれに、事情や考え方はあるでしょうし、
仕事をしていないママでも、二人目のタイミングに悩む
ことだってあるえでしょう。

でも、仕事をしていて生じる責任とか立場のために
悩んでしまう人が多いのは事実です。

 

組織に所属し、給料を貰っている以上当然と言えば当然
かもしれませんが、働くママで「本当はもっと早く二人目が
欲しいのに、、、」なんていう思いを持つ人もいることでしょう。

 

早くからネットワークビジネスの組織を作り上げておき
妊娠・出産の頃には権利収入・不労所得が年金のように
入ってくる状態だったら仕事との兼ね合いで二人目の
タイミングに悩むこともないですよね。

会社員時代の貴重な経験もあって今の自分がいるので
後悔はしていませんが、もし早くからこのビジネスを
見つけていたらよかったかも、、とも思います。

 

二人目の育休終了・息子入学のタイミングに合わせて
会社を辞められたのは本当に良かったですよ^^

 

働くママ二人目タイミング

サブコンテンツ

このページの先頭へ