義母との危ういエピソード、嫁姑バトルの瀬戸際

本当は勧誘したくないあなたへ

義母さんには実母よりだいぶ気を遣うものです。
周りから聞くエピソードは、嫁姑問題の深刻さを
感じるものも多いですし。

私も義母との間にちょっとしたエピソードがあります。
今思えば、一歩間違ったら嫁姑バトル勃発になったかも・・・

 

義母エピソード

 

私の義母は、人にものをあげたいタイプで基本的に
いい人だと思います。
「おすそ分け」どころじゃなく、お菓子や野菜など
たくさんくれます。

そんな義母から、ネットワークビジネス製品を
もらったエピソードがあるんです。

 

私が息子を妊娠中のことでした。
貧血気味だった私を心配した義母が「貧血に良いから」と
くれた健康食品がネットワークビジネス製品でした。

当時の私は、ネットワークビジネスについて知識がなく、
その健康食品がネットワークビジネス製品だとは
知らなかったのですけどね。

 

よく知恵袋などで「義母がネットワークビジネス製品を
しつこく勧めて困る」というエピソードを見かけます。
深刻な嫁姑問題に発展しているケースもありますね。

友達から製品購入を頼まれて、長年愛用者だった私の義母は
純粋に私を心配してプレゼントしてくれた様子でした。
もしよかったら、、という感じだったので、私も素直に
「ありがとう」と受け取れて、この件はほっこりエピソードに
なったのだと思います。

 

おかげさまで、その後も義母とはトラブルもなく、つかず
離れずの良好な関係でいられています。
(少なくとも私はそう思っているのですが(^_^;))

 

一歩間違って、もし義母がその健康食品を次回からは私が
自分で買うことを(つまり義母のダウンになることを)
しつこく勧めて来たり、それを商材にしたネットワークビジネス
について説明しに来たりされたら、まだビジネスに全く興味の
なかった私は、きっと嫌な気持ちになったでしょう。

当時は今より幾分控えめでしたから、(出産のたびに強くなると
夫に言われています 笑)ハッキリ断ることもはばかられ、
困ってオロオロしたのではないかと思います。

ハッキリ断ったら断ったで、言い方によっては大モメになった
かもしれないし、なんとなくしこりが残りそうです。

 

これは何も、義母との間だけに限ったことではなく、
ネットワークビジネスをする上で、相手の気持ちにお構いなく
製品やビジネスをしつこく勧めてしまうのは考えもの。

自分がされて嫌なことは人にしない

私自身もいつも自分に言い聞かせていることです。
これはネットワークビジネスをする上でも、普段の生活でも。
子供たちにもよく言っています。

 

無用なトラブルを避けるという意味では、親戚や友人知人を
勧誘しない、したくないのも私のポリシーです。
インターネットで興味のある人の方からお問い合わせを
いただく在宅ネットワークビジネスの集客の形が、そんな
私にはピッタリ☆

ビジネスはビジネス、プライベートはプライベートと切り分けつつ、
ビジネスを通して出会った全国各地の仲間とは、実際に会って
交流する人間関係とはまた違った温かい交流を、メーリングリストや
スカイプミーティングを通じて楽しんでいます(*^ー^*)

 

なぜ勧誘しないで集客できる?秘密を公開!

サブコンテンツ

このページの先頭へ