ピンクリボン運動って知ってますか?乳がん早期発見は重要!

ピンクリボンマークやピンクリボン運動という言葉、
一度は見聞きしたことありませんか?
乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを
広める活動がピンクリボン運動です。

ネットワークビジネス業界でも社会貢献活動の一環として
ピンクリボン運動協賛している企業が複数あります。

 

ピンクリボン運動乳がん

 

 

ピンクリボンのシンボルマークは世界共通。
1980年代に誕生し、乳がん先進国のアメリカが発祥の地です。
女性の8人に1人が乳がんになると言わるアメリカですが、
ピンクリボン運動の結果、乳がん検診の受診率がアップし、
乳がんによる死亡率低下の実績をあげています。

 

一方、女性の約20人に1人が乳がんになると言われる日本では、
世界各国に続き2000年10月からピンクリボン運動が開始されました。
ネットワークビジネス業界のみならず、多くの企業が協賛するほか、
全国各地の市民団体もあり、年々活動は大きくなっています。

30歳から60歳の女性のがん死亡原因の第1位は乳がんなんです。
日本でも、発見が遅れたために乳がんでの死亡率が高い現状を
改善しようと盛んにピンクリボン運動が展開されているわけですね。

 

具体的には、、、

onpupイベントやグッズ販売で認知度アップ

10/1のピンクリボンデーに、都庁やレインポーブリッジなどをピンク色に
ライトアップするのが有名です。
また、乳がんに関する基礎知識をまとめたリーフレットをセットにした
ピンクリボンバッジが、1つ500円で販売されています。

 

onpup検診を受けやすい環境づくりで検診促進

日曜日に乳がん検診を全国の医療機関で実施。
2010年10月17日には、賛同する280施設以上のの医療機関で
日曜日にマンモグラフィーを受けることができました。
平日だと仕事を休まなくてはいけない人にはうれしいですよね。

 

女性なら、乳がんは気になりますよね。
私はまだ乳がん検診を受けたことがないのですが、
知り合いの娘さんで20代で乳がん発症した人がいます。
早期発見のおかげで助かったそうです。

若いうちはがんの進行も早いですし、検診を受けること、
早期発見することの重要性を感じます。

 

マンモグラフィーは痛そうだな、とかなんとなく乳がん
検診てハードルが高いな、とか思いがちではないですか?
(かくいう私もですが・・・)

でも、勇気を出して乳がん検診を受けることで、
早期発見につながり、命が助かるかもしれないのですから
やっぱり受けた方がいいですよね。

 

子供たちのためにも、まだまだ元気でいなくては!
と思う今日この頃です(*^ー^*)

 

ピンクリボン運動乳がん

サブコンテンツ

このページの先頭へ