察しない男 説明しない女☆人間関係のヒント満載♪

察しない男 説明しない女――タイトルに惹かれて
本屋さんで即買いし、一気読みしました。
(夫に対し「このくらい言わなくてもわかるでしょ?」と
よく思うのです・・・)

 

察しない男説明しない女人間関係

 

いやー、おもしろかったです(・∀・)!!
人間関係のヒント満載でした☆
私は昔からこういう類の本が好きなんですよねー♪

 

察しない男 説明しない女 は、心理カウンセラーでもあり、
テレビ出演も多い五百田達成さんの著書。
発売3か月で12万部突破のベストセラーです。

 

人間関係は、家庭・職場・友人・恋人、どんな環境でも
向き合う必要がありますよね。
だから、察しない男 説明しない女 のように
グッとくるタイトルで気になる項目がいっぱいだと
惹かれる人が多いのだと思います。

 

最初にコミュニケーションタイプチェックシートがあり、
自分が「ど男」「男」「女」「ど女」のどれに該当するか
チェックできるんです。ちなみに私は「女」でした。

察しない男 説明しない女の37項目の「男は」「女は」で
自己反省も含め私が特に納得したのは次の2つです。

 

yb「男は謝れない」「女は忘れない」

男性に対し「なぜ謝らないんだろう」って感じたことが
何度もあります。
私の夫も父も「謝る」ことが極端に少ないですね。
で、私も母も「あんたはあのときも」とか言いがちです(^_^;)

 

yb「男は権力を与えれば喜ぶ」「女は安定を与えれば喜ぶ」

仕事でも家庭でも、これはよく感じますね。
肩書きとか出世にこだわるか、働きやすさや安定を
大事にするか、違いを感じる場面は多いです。

 

 

そして著者も解説していますが、男はこう、女はこう、と
決まっているのではなく、男性が女性タイプ、女性が男性タイプに
該当する項目ももちろんあるはず。
要は、対極した2つのタイプが存在し、それぞれに合った
対応があるんです。


人間関係で悩むのって、自分と違うタイプの人と
どう接するかが問題になっていませんか?

どちらがいい、悪いではなく「違うもの」として捉えたら、
抱えるストレスが少なくて済むようですね。

 

察しない男 説明しない女 は、自分と違うタイプが
どういう考え方なのか、どう接したらなんとかうまく
やっていけるのかが分かりやすく例をあげて書かれています。

ビジネスシーンでも、家庭でも、恋人や友達との間でも
人間関係で悩む前に読んでみるといいと思いますよ(*^ー^*)

 

在宅でネットワークビジネスを成功させる秘密の方法

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ