ネットワークビジネスの歴史~始まりはアメリカ、70余年の軌跡とは

ネットワークビジネスを誤解していませんか?

ネットワークビジネス歴史の始まりはアメリカです。
かれこれ70年以上も前の1939年、初めてネットワークビジネス
展開したのが、カリフォルニア州の「ニュートリライト・プロダクツ」。

ネットワークビジネス歴史
そして、アメリカ国内でネットワークビジネス会社が
200社以上となった1960年頃から、ヨーロッパへ進出し始めました。

 

順調に躍進していったネットワークビジネスですが、
その歴史の中で、社会問題も起きています。

アメリカ国内において、ネットワークビジネスの報酬形式を利用した、
粗悪品の流通販売により、金儲けに走る悪徳業者が出現したのです。
悪質な会社は連邦取引委員会事務局の摘発され、業務停止命令が下りました。

 

これが、「ネットワークビジネス=ねずみ講」という誤解の歴史の
始まりかもしれません。

 

その一方、アムウェイなどに対しては正当性が認められたため
ネットワークビジネスの存在が公式に認知されることとなりました。

そして、ネットワークビジネスはさらなる発展を遂げ、80年代には
なんと2000社にまで増えたのです。
凄まじい勢いと数だと思います。

 

一方、日本でのネットワークビジネス歴史は、1969年に始まります。
ちょうど高度経済成長期です。
44年前のこの年には、「サザエさん」が放映開始されました。

スワイプ・ジャパン(1977年にホームケア・ジャパン、2000年に
ネイチャーケア・ジャパンと会社名を変更)というアメリカ資本の
ネットワークビジネス会社が、1969年4月に設立されたのです。

 

日本でもアメリカ同様、ネットワークビジネスが発展し、会社数が
増えるとともに、やはり悪質業者が登場し始めました。
しかし、日本にはネットワークビジネスを取り締まる法律がなく、
結果、たくさんの被害者を出してしまいました。

歴史は繰り返す」、とはこういうことでしょうかね。

 

日本での法整備が進んで、ネットワークビジネスは「特定商取引法」により、
厳しく規制されることとなり、現在に至ります。

アメリカか生まれのネットワークビジネスは、
70年以上の歴史を経て、日本でもさらに市場規模を拡大中です。

 

過去の過ちを繰り返すことなく、被害者を出さずに発展し続けることで、
ネットワークビジネスに対するイメージが改善されたらいいな、と思います。

 

在宅でネットワークビジネスを成功させる秘密の方法

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ